トレードで一喜一憂してはダメなのか?ユロドルで+200pips☆

こんにちは。パンナです。
とってもご機嫌です。

昨日の相場、ユーロドルのロング(買い)で200pipsとれました♪

2014.10.16ユロドル(←クリックで拡大します)


昔々、トレードで負け続けの頃、
勝った~♪ 何pipsとった~♪ 何万円ゲット~♪ というブログを見つけては、

私もああいうふうに稼げるようになりたい! と純粋に思うも、

チャートの何をどう見てるかさっぱり分からない、結果だけ載せてるブログを、少々恨めしくも思ったので(笑)、私なりに解説してみますね。


私のトレードスタイルは、デイトレードです。
その日のうちに決済か、持ち越しても一日。

大きな流れでは、明らかに下落基調のユーロドル。

その中で、それまでとは動きが違う。
上に跳ねたらデカイな、と確信したのが14日(火)です。


この日の深夜、チャットで、トレーダーの友人に送ったのが、こちらの画像。
下の斜め線とフィボナッチ、めちゃくちゃ効いてるよね!?って(笑)。

ユロドル10.15



この時点で、ああ、ユーロちゃんは、上に上に行きたがってるな~♪
と確信して、ロングポジションでのエントリーしました。

この日は、このエントリーの前、昼にもったポジションを一度損切りしています(-25pips)。

しかし、それは想定内のチャートの動き。
ですから、冷静に次を狙ってのエントリー。

しかも、ずっと下げてただけに、こういう場面での上ブレイクは、相当デカイと期待して(*´∀`*)


※ただ、私のエントリーはちょっと早いです。
この局面、ロングエントリーするなら、せめて15日20時台、もしくは21時30分の指標の動きを確認してからが、教科書的でリスクが少ないと思います。



トレードで一喜一憂はダメなのか?


負け続けから、やっと勝ち方を覚えた頃、それでも私は負けるとヘコみ、勝てば喜び、いわゆる一喜一憂していました。

でも、やっぱり今でも、勝てば嬉しいです(笑)。
だって、人間だもの。

冷静に淡々とできればいいのでしょうが、人間だもの(笑)。
トータルして自分が楽しめる範囲なら、いいと思うんです。

楽しめるというのは、ちょっとおこがましいかもしれません。
大事なのは、トレードを長く続けていけるということです。

上記述のトレード。
一度損切りしましたが、このときはチャートの値動きが想定内であったため、冷静に対処できています。

これがまだトレードで、やっと利益がで始めの頃は、

あれ?私の見方が間違ってる??
上昇じゃなくてやっぱり下降なの?

と無理やり売りエントリーしてみたり。

一度の損切りで、その日は不安になり、もうポジションが持てなかったり。
で、やっぱり思ったとおりに上昇して、

あぁ、もうついてない~!キイーっ!!
となったり(笑)。


トレード中に、ひどく感情的になったり、負けたことで自暴自棄になったりするのは良くありません。

負けたときに、その日のうちに取り返してやろう!なんて思わないほうがいいです。
よほど自信があれば別ですが、きちんと相場が見えてないのに、かなり高い確率で、もっとヤラれます(笑)。


最初から勝てる人なんていません。

FXの勝ち組に共通しているのは、圧倒的な量の検証をして、チャートと向き合ってきたということです。


千里の道も一歩から。

一歩一歩進んでいきましょうね(^-^)
あせっちゃダメですよ~!


チャートの検証には、こちらが非常にオススメです。
よかったら、参考にされてみてください。

⇒MT4で裁量トレードの練習をする

読んでくださった、あなたとのご縁に心から感謝します(^-^)♡
にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ 



↑↑あなたの清き一票、↑↑ランキングご協力ありがとうございます♡

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ