外国為替トレード勝利の方程式 今井雅人 レビュー

かつての私もそうでしたが、FXを学習しても、なかなか結果が出ない場合、そもそもFXというものに対する考え方が出来ていないのだと思います。

学校の勉強の場合、一生懸命頑張って取り組めば、ある程度はテストで結果が出せるでしょう。

会社勤めなら、毎日仕事をこなせば、お給料を得ることができます。

けれど、FXの場合、そういう常識とは、ちょっと違う心構えで向き合う必要があるんですよね。

それに気づかせてくれたのが、今井雅人さんの「外国為替トレード 勝利の方程式」です。

 



マット今井こと、今井雅人さんって?

今井雅人さんの経歴は、UFJ銀行で為替のチーフディーラーをされていた際、15年間、年間を通じてマイナスがなかった方です。

最近では、衆議院議員になられました。

○○銀行に勤めてた、とか、ディーラーやってました、とかいう得体の知れないアナリストは数多くいますが、今井さんのように「負けなし」の実績ある方は、なかなかいません。

何より注目すべき点としては、彼が、FXにおいて、剣道や、大学浪人生だった頃やっていたマージャンとの共通点を語っているところです。

「勝負」の世界である、ということですね。

私は、それまでの人生で、勝負事どころか、ゲームやスポーツさえほとんどやってきませんでしたので、これにはショックを受けました^^;。

間違いなく、自分はFXに向いていない側の人間だと(笑)。

ただ、だからといって諦めるわけではなく、必死で、そっち側の思考に変えようと努力しました。

誰だって、最初から備わっているわけではなく、思考は後天的なものですからね。

 

為替相場の原理とは?トレード技術はどうやって?

もっとも、この本では、外国為替市場がどうやって作られ、どうやって動いているか、かなり本質的な知識が得られます。

これからFXを始めようとされる方には、もしかしたら難しく感じられるかもしれません。

しかし、為替市場という巨大なマーケットの全体像をイメージすることができるでしょう。

また、15年間負けなしの著者のトレード技術についても、かなりつっこんで語られています。

相場観の作り方から売買テクニックの磨き方まで、その考え方が惜しみなく書かれています。

この本は、私がまだFXで勝てず、まるで霧がたちこめる樹海の中を彷徨っていたときに、「本当は教えたくないプロのノウハウ」というキャッチフレーズに期待して(笑)購読したものです。

いま改めて読んでみても、やはり良書だなぁと思います。

初版発行が2005年と古いですが、現在において、日本の書籍でこれだけの良書はなかなかないように感じます。

ただ、取引の単なる「FXの手法」を求める方には、オススメできません

よく、「日本にはFXの良書がない」っていわれますが、「あるじゃないか~!」と声を大にして言いたい、私のオススメの一冊です^^。

FXとの向き合い方が、はっきりしてくると思いますよ。

 

読んでくださった、あなたとのご縁に心から感謝します(^-^)♡
にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ 



↑↑あなたの清き一票、↑↑ランキングご協力ありがとうございます♡

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ